ストレートネックの症状と調べ方

ストレートネックとは?ストレートネックの基本的なあれこれ

一日中スマホやPCを見ている人が多くなった現代においてストレートネックはもはや国民病ともいえるものになりました。症状の重い/軽いはあるとしても、おそらく大半の人が当てはまるのではないでしょうか?

 

そもそもストレートネックって何?

ストレートネックとは普通の姿勢に比べて頭が前に出ている症状のことを言います。

 

首の骨は本来自然なS字カーブを形成しているのですが、スマホやPCなどを見る頻度が多いとその分手元に視点が行き下を向いてしまいます。その結果、自然なS字カーブが徐々に失われていき、首や肩に負担がかかってしまいます。

 

その結果、首の痛みや肩こりなどを引き起こしてしまうのです。

 

腰痛や股関節の痛みもストレートネックと関連している

成人の頭の重さは約5kg程度と言われています。首のS字カーブはその重たいものを支えるクッションの役割を果たしているのですが、そんな重たいものが前に行ってしまうと肩も必然的に前に出てしまい、その結果猫背のように背中が丸まってしまいます。

 

背中が丸まってしまうと背中が丸まってしまうと、次に腰に負担がかかってしまいます。

 

更に、常に前に重心がかかってしまうと、上半身を支える股関節にも影響が発生し、全体的に痛みを発してしまうことがあります。

 

体の痛み以外の不調も引き起こすことになるかも

ストレートネックの症状がひどくなってくると今度は耳鳴りやめまいを引き起こすこともあります。その結果、精神的なダメージが蓄積されていき場合によっては自律神経失調症を引き起こし鬱になってしまったということも報告されています。

 

たかがスマホの見すぎによる姿勢不良が実は万病のもとになっているということになるのです。

 



 

あなたはどのくらいのストレートネック?

あなたがどのくらいストレートネックなのか簡単に調べる方法があります。

 

壁に対して、肩甲骨、お尻、かかとを付けた状態で立ってみてください。

 

ストレートネックではないもしくは軽度のストレートネックの人

後頭部が壁につく、もしくはちょっと頭を後ろに動かすだけで簡単に壁につく人はストレートネックではありません。今後もその良い姿勢をキープしましょう。

 

中程度のストレートネックの人

後頭部が壁についていないが、頑張ればつくというあなたは、最近肩こりや首の痛みに悩んでいませんか?症状が重くなる前に姿勢を正す努力をしましょう。

 

重度のストレートネックの人

どんなに頑張っても後頭部が壁につかないあなたは重度のストレートネックです。おそらく首や肩の痛みだけでなく、全身に痛みが出ているはずです。今すぐ整骨院に通うなり、首のS字カーブを矯正できる枕を使用するなりして治すことに尽力しましょう。

 

どんな人がストレートネックになりやすいの?
ストレートネックの簡単な治し方
頭痛、めまい、耳鳴りとストレートネックの関連性
整体とマッサージ、リラクセーションの違い
姿勢が改善されることによりよくなること
ストレートネックで苦しんでいる人の声

 

S字カーブの矯正ができる枕はコチラ

 

=>Topページへ